奥大井の旅なび – 川根本町まちづくり観光協会

祭りとイベント

東西文化の分岐点ともいわれる奥大井の伝統文化を紹介。

百八たい(下長尾)

百八たい 百八たい 百八たい

下長尾「百八たい」(ひゃくはったい)は、毎年8月16日に下長尾地区大井川河川敷で行われる、盆の送り火です。

地元の方のお話では、百八たいは下長尾地区で昔から行われてきた儀式で、起源は川施餓鬼(かわせがき。水死人の霊を弔うための供養)であったとも伝えられているが定かではなく、現在の形式になったのは昭和50年代とのことです。

下長尾地区(中川根南部小学校前)の大井川河川敷に下長尾地区ほぼすべての世帯が約2メートル間隔でたき木の山を作ります。(総延長約150m)
午後7時過ぎに一斉に点火され、かがり火は一度に燃え上がり赤々と辺りを照らします。炎は川面にも映りこみ、幻想的な風景をつくり出します。