奥大井の旅なび – 川根本町まちづくり観光協会

遊ぶ/体験

キャンプや散策、ハイキングなど、手軽に自然と触れ合える。

資料館やまびこ

 

山と緑と生活と

この資料館は、南アルプスから湧き出る水をあわせて蛇行する大井川流域の地勢。緑豊かな森林に育まれる生物界。そして、その自然との調和・共存をはかりながら営んできた山峡の生活と文化に焦点をあて、わかりやすく展示いたしました。
山間地という立地条件から「山の資料館」として、「山と人間」・「過去と現代」の対話を通して環境保全、エコロジー精神を培い、これが「やまびこ」となってひびき合い、よりよい未来を創造する糧となっていただけることを願っています。

資料館やまびこ 展示場

▲奥大井の春夏秋冬

■1階常設展示場

カラー写真とイラストマップで紹介する「奥大井の四季」に誘われて入館すれば、郷土の名所、史跡がご覧になれます。
また、その奥には「山の生活と文化」をテーマに、山峡に生きる、大井川の林業、砂金採取の展示品により山峡の生活を偲ぶことができます。

奥大井イラストマップ

▲奥大井イラストマップ

□奥大井の四季
南アルプスを背景にした奥大井の四季の移り変わりと、数多くある郷土の名所、史跡を写真及びイラストマップで紹介しています。

□山峡に生きる
生活の知恵で不便を克服し、自然と共存を探りながら自然とともに生きてきた、山峡の伝統文化を紹介します。

□大井川と林業
大井川の上流の林業は、歴史も古く元禄時代にさかのぼります。伐採された木材は、大井川の水を利用して下流へ運ばれていた様子を紹介しています。

資料館やまびこ 展示場

■2階常設展示場

奥大井の動物および植物の標本を数多く収集して展示してあります。
昆虫類、シダ類、きのこ類、魚類等の標本16,900点余を通して奥大井の神秘的な生態系を学習することができます。
また、南アルプスの大自然も紹介されており、今ひと時の目を楽しませてくれるでしょう。

資料館やまびこ 屋外展示場

■屋外展示場

「大井川の出材」をテーマに「越中式鉄砲堰」(縮尺1/8)と「木馬と修羅」「吊り橋」の模型がイベント広場の一角に、シンボルの竿とびを掲げて展開されます。

資料館やまびこ 外観

開館時間 午前9:00~午後4:30
休 館 日 毎週火曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
入 館 料
大人(高校生以上) 小人(小・中学生)
個人 200円 100円
団体(20人以上) 160円 80円
所 在 地 静岡県榛原郡川根本町犬間90-1
問い合わせ先 TEL:0547-59-4031


大きな地図で見る