奥大井の旅なび – 川根本町まちづくり観光協会

交通アクセス

ものすごく山奥な印象ですが、意外と行きやすい「山奥」なんです。

川根本町のロケーション

ロードマップ川根本町は静岡県の中央部に位置し、東は静岡市、南は島田市、西は浜松市に隣接するほか、北は長野県との県境となっています。町域は大井川に沿った東西約23km、南北約40kmの南北に細長い形で、約94%を森林が占めています。

川根本町は南アルプス南部の山麓と前衛の山々が織り成す四季折々の美しい景観の中に、寸又峡温泉、接岨峡温泉などが点在する温泉の町でもあります。また、日本唯一のアプト式鉄道を有する南アルプスあぷとライン、SLが毎日走る大井川鐵道など観光資源に恵まれています。さらに、大井川両岸の急峻な地形には茶園が広がり、古くから銘茶「川根茶」のふるさととしても知られています。

南アルプスにつながる川根本町では、地域内の標高差は2,400メートル以上に及びます。山岳地帯の河川に見られる「嵌入蛇行」の傾向が見られ、地形は変化と起伏に富んでおり、「鵜山の七曲がり」などの景観は県の天然記念物に指定されています。

雄大な自然環境の中でのアウトドアや、温泉、SLなど、日常とは異なるゆったりとしした時間を求めている皆さんのおいでを、心よりお待ちしています。自然豊かな川根本町に、ぜひお出かけください。


鵜山の七曲がり


町の花 シロヤシオ


町の鳥 ヤマセミ


交通アクセス

電車の場合

■JR東海道線金谷駅で大井川鐵道に乗り換え千頭駅まで約70分。
■奥泉駅へ:千頭駅より南アルプスあぷとラインで約30分、寸又峡温泉バスで約10分。 ■接岨峡温泉へ:奥泉駅より南アルプスあぷとラインで約45分。 ■白沢温泉へ:千頭駅より寸又峡温泉バスで約10分。
■寸又峡温泉へ:奥泉駅より寸又峡温泉バスで約30分。

大井川鐵道・南アルプスあぷとライン・寸又峡線バスの時刻表および運賃については、大井川鐵道(株)ホームページをご覧ください。

自動車の場合

■東名高速/袋井IC・静岡ICより千頭まで約2時間
■国道1号/島田市から約1時間

■接岨峡、寸又峡方面へのGoogle Mapルート案内

 

タクシーは「大鉄タクシー(TEL:0547-59-2355)」をご利用ください。