奥大井の旅なび – 川根本町まちづくり観光協会

祭りとイベント

東西文化の分岐点ともいわれる奥大井の伝統文化を紹介。

エリア選択

寸又峡接岨峡千頭奥大井南部


寸又峡

雪景色

年間を通して数回、数cmの積雪があります


寸又峡もみじ祭

10月最終土曜日


寸又峡温泉 和紙のあかり展

10月15日~11月05日(22日間)「和紙を使ったあかり作品」を旅館のロビーや玄関先、歩道の両側に設置し、温泉街の夜を幽玄の空間として、優しいあかりで演出します。 点灯時間 17:30 ~ 21:30 (雨天中止) 応募作品募集中[6月1日〜9月20]



南アルプス寸又峡口山開き(7月第1土曜日)

奥大井の大自然にもっとふれたい!登山やトレッキングをもっと楽しみたい!そんな方におすすめの山をご紹介します。いずれも本格的な登山になるので、健脚自慢の方も余裕をもったスケジュールを。寸又峡の温泉に浸かり、ゆっくり休んで、体調を万全に整えてからお出かけください。


外森山のアカヤシオ

4月上旬大井川水系で最も早咲きとして知られている、外森山山頂のアカヤシオが、可憐な花を咲かせます。


春を呼ぶ天狗まつり(春分の日)

毎年春分の日に開催され、山伏と天狗が春の幕開けを祝い、また1年間の恵みに感謝しながら温泉街を練り歩きます。メイン会場の広場では様々な伝統芸能が披露され、奥大井のご馳走が振る舞われます。


接岨峡

梅津神楽

(1月第3土曜日)梅地のこだま石神社と犬間の若宮神社に500年以上前から伝わる神楽で、神代の神話・岩戸神楽を模したもの。伊勢流に属し、雅びな和楽器の調べにのせて「三宝の舞・天王の舞」など、古式豊かな舞が奉納されます。(静岡県無形民俗文化財指定) ※平成29年1月の開催については、諸事情につき中止い...


雪景色

年間を通して数回、数cmの積雪があります



千頭

雪景色

年間を通して数回、数cmの積雪があります


奥大井ふるさとまつり

(11月中旬)大井川河川敷で名産品や特産品の青空市が開催され、各種リクリエーションやイベントも盛りだくさん。色鮮やかな紅葉を楽しみ、例年多くの人出で賑わう楽しさいっぱいのお祭りです。



ホタル観賞(6月上旬)

川根本町 ホタル観賞地 ◆ 徳山・ときどんの池 駿河徳山駅から徒歩5分 ◆ 富沢 ほたるの里 千頭駅から車で7分 ◆ 千頭 神光寺沢 千頭駅から徒歩10分


奥大井南部

第5回 川根時間

お茶に、こんな淹れ方があったのか。 こんな楽しみ方。味わい。 毎年、街の衆をうならせてきた川根時間。 千年の古刹を舞台に、今年の開かれます。


雪景色

年間を通して数回、数cmの積雪があります



ホタル観賞(6月上旬)

川根本町 ホタル観賞地 ◆ 徳山・ときどんの池 駿河徳山駅から徒歩5分 ◆ 富沢 ほたるの里 千頭駅から車で7分 ◆ 千頭 神光寺沢 千頭駅から徒歩10分


大札山周辺のシロヤシオ

(5月下旬~6月上旬) 【シロヤシオ】ツツジ科。山地に生える落葉小高木。5月下旬~6月 上旬、大札山から蕎麦粒(そばつぶ)山奥の尾根筋に愛らしい花を見せます。 皇太子ご夫妻のお子様敬宮愛子(としのみやあいこ)さまのお印の花(ゴヨウツツジ) として有名になりました。


徳山のしだれ桜

3月下旬~4月上旬しだれ桜の並木道、花吹雪は夢景色             県立川根高校と町営サッカー場の間に、約50本の枝垂桜が植えられた並木道は、長さ150m。つぼみの頃から満開の時期まで、地元の人々はもちろん、遠方からの花見客で賑わいます。


平谷の流したい(平谷地区)

毎年7月14日の夕方、青竹と麦わらを束ねて大きな松明を仕立てて川に流し、水難者の霊を弔う行事。いまでは平谷地区だけに残る風習です。


百八たい(下長尾)

下長尾「百八たい」(ひゃくはったい)は、毎年8月16日に下長尾地区大井川河川敷で行われる、盆の送り火です。 地元の方のお話では、百八たいは下長尾地区で昔から行われてきた儀式で、起源は川施餓鬼(かわせがき。水死人の霊を弔うための供養)であったとも伝えられているが定かではなく、現在の形式になったの...