奥大井の旅なび – 川根本町まちづくり観光協会

観る/景観

人々の暮らしと自然が織りなす、どこか懐かしさを感じる風景。

エリア選択

寸又峡接岨峡千頭奥大井南部


寸又峡

猿並橋

1周約1時間のグリーンシャワーロードの途中にある、長さ96m・高さ11mの吊り橋


飛龍橋

           寸又峡には「夢の吊橋」のほかに、もう一つの有名な橋「飛龍橋」があります。この橋はその昔、森林鉄道のトロッコが通り、寸又峡の歴史を物語るシンボルにもなっています。橋上からの渓谷の眺めはまさに絶景!


夢の吊橋

緑深い寸又峡の周辺は見どころもいっぱい。 中でも夢の吊り橋は、高さ8m、長さ90mとスリル満点。 眼下には美しいエメラルドグリーンの湖面が広がり、四季折々の風景を映し出しています。 吊り橋の先にある展望台からは渓谷を一望でき、特に紅葉の季節は絶景。 さらに上流にある飛龍橋までは遊歩道が整備され、散...


グリーンシャワーロード

森林浴には最適な散歩道「グリーンシャワーロード」。寸又峡入口付近まで1周が約3km(約60分)。 起伏も少なく、木の香りをたっぷり満喫でき、途中、野鳥の姿や様々な自然植物が観察できます。


接岨峡

八木の吊橋(遊湯橋)

もりのくにがある八木地区にも大井川をまたぐ吊り橋があります。付近は平成15年静岡国体のカヌー競技会場にもなっています。白沢温泉で温まった後にぴったりの、涼しいお散歩コースが楽しみです。


南アルプスあぷとライン

 大井川鐵道(株)南アルプスアプトセンター静岡県榛原郡川根本町千頭1219-1TEL:0547-59-2137FAX:0547-59-2143URL: ■新しいアプト式鉄道 アプト式鉄道はスイスで発明され、世界の各地で使われている急勾配用の鉄道です。最近はリゾート地のクリーンな新交通として注目さ...


市代吊橋

大井川鐵道井川線のアプトいちしろ駅の南にある産業遺産の「市代吊橋」は湖上に架かる鉄道吊り橋の構造を現在に伝えている貴重なもので、案内看板を設置して産業遺産としての由来が記されています。 旅の途中にめぐり会う文化的遺産に一時の休息と昔のロマンを感じさせてくれます。


こだま石神社

金掘の神様と安産の神様といわれ、現在も出産を控えた女性がお参りに訪れています。毎年1月第3土曜日には「金丸の舞」など、梅津神楽が奉納されています。


巨大タブの木

500年を超える接岨の歴史を見守り続けてきたタブの大木。根元には天神様が祀られ、その姿は荘厳さを漂わせています。


南アルプス接岨大吊橋

橋の上から南アルプスを一望。秘境・接岨峡の渓谷にかかる吊り橋。長さ:240m   


岩瀧不動堂(不動岩)

文久の始めのころ犬間村は疫病が流行して困窮しておりました。ある日、志太郡高田村の日正坊と名乗る修験僧が現れ「村に疫病が流行しているのは不動明王の祟りがあるからだ。この川の上流に不動明王の宿る石があるから私が祈祷してあげる。若し疫病が鎮まったならばその石を滝の傍らに運んでお堂に納めて供養するがよい。」...


若宮神社

歴史は約500年といわれ、戦前・戦中は戦いの神様として信抑されていました。当時は夏祭りに限り白足袋を履き、神社までの急坂を跳ね登った神がかり的な人もいたそうです。


長島ダム(接岨湖)

       新たなふれあいの場として地域に開かれた多目的ダム。高さ109m、幅308m、貯水量7800万立方メートルの長島ダムは、大井川の流水調整やかんがい用水の補給などの役割を果たす多目的ダム。上流部の接岨湖は美しい水をたたえ、地域に開かれたダムとして、観光や学習、レクリエーションの場にも活用...


関の沢鉄橋

現役鉄道橋では日本一の高さを誇る高さ約70mの「関の沢鉄橋」。大きく切り立った渓谷の中にミニ列車が可愛らしい汽笛を響かせてのんびりと進んで行く姿が眺められます。       


レインボーブリッジと湖上駅

長島ダムの建設にともない新しく誕生したレインボーブリッジと奥大井湖上駅。その美しい景観は、秘境奥大井の新しい魅力です。大きく蛇行した大井川の渓谷に架けられた鉄橋と駅はダムが満水になった折りには湖上に浮かぶ新しい風景をつくりだします。


千頭

三十三地蔵

千頭駅から車を利用すれば智者山山頂登り口まで最短約30分。その登り口から智者山神社までの参道に、三十三体の石地蔵がほぼ等間隔で祀られています。一体一体に番号が刻まれているため、昔は参道をゆく人の、よい道標となっていました。


智者の丘公園 智者山観音堂 智者山神社

    音の蛇口や音の望遠鏡などで音遊びをしたり、自然と一体になるネイチャーゲーム体験、鳥と同じ視線で自然を見晴らせるスカイウォークなど、大自然ならではの面白さも満載です。 お弁当を広げて休憩するのに最適です。


徳谷神社(小長谷城跡)

 豪族小長谷氏の居城跡で、室町時代中期の築城といわれています。戦乱の世を偲ぶ武田氏占領期の土塁や、苔むした空堀などが今も残されています。


豊川稲荷千頭別院

愛知県を本寺とする豊川稲荷の別院。大岡越前守忠相公を開基としてまつり、五穀豊穣や家内安全などに霊験あらたかと、広く信仰されています。


常夜燈

秋葉山詣でのために建てられた常夜燈。暗い山道に灯るあかりが、当時の人々の心をほっと慰めてくれました。


両国吊橋

長さ145m高さ8m。千頭駅から徒歩20分(片道)、真下に南アルプスあぷとラインが走り、眼下には美しい大井川の流れと周囲の山々の緑が広がります。      


青部の吊り橋 【現在、諸事情により通行止めです】

暮らしを結ぶ、生活道路。青部地区と崎平地区を結ぶ生活道路として、いまも人々の暮らしを支えています。長さ100m,高さ10.5m。大井川鐵道青部駅下車徒歩5分。【現在、諸事情により通行止めです。】


奥大井音戯の郷

TEL:0547-58-2021FAX:0547-58-2024E-mail:mail@otoginosato.comURL: 静岡県川根本町には、日本でも数少ないSLが今も元気に走っています。山々にこだまするSLの汽笛の音が、野鳥のさえずりとともに聞こえてくる音風景は実に心地よく人々の心をなごませ...


奥大井南部

千葉山 智満寺(ちまんじ)

曹洞宗 河根法窟 川根大仏の寺千葉山 智満寺(ちまんじ) 静岡県榛原郡川根本町上長尾332TEL(0547)56-0123FAX(0547)56-1782URL: 【智満寺の由緒】 千葉山智満寺は今から千年ほど前の、平安時代に創建されたと伝えられ、山号は千葉山、寺号を智満寺、千手観音菩薩像を本尊と...


水川阿弥陀堂

地元で「お堂さん」として親しまれている三間堂。掛川藩の御用絵師、村松以弘が描いた美しい天井絵がみものです。本尊阿弥陀堂如来、香王観音、准胝観音などが祀られています。(町指定有形文化財)


日本一短い?トンネル

山々から藤枝へと続くケーブル輸送の際に、荷物の落下による危険を防ぐために設けられた珍しいトンネル。地名駅で見られます


塩郷の吊橋 〔愛称:恋金橋〕

      大井川に架かる一番長い吊り橋。川根本町に来たら、まずこの橋を渡って、大井川のでっかさを体験してください。長さは220メートル。吊り橋ですから当然ユラユラゆれますが、スリルがあって結構面白いんです。平衡感覚に自信のない人は、彼氏か彼女に、ここぞとばかりにしがみつくのもイイんじゃないでしょ...


不動の滝

 うっそうと生い茂る老木に囲まれて流れ落ちる不動の滝。新緑の季節に はみずみずしいグリーンシャワーを真夏には自然の涼を、秋には目に鮮やかな紅葉を・・・。四季おりおりに美しい景観を楽しませてくれます。大井川鉄道下泉 駅から下泉河内川に沿った約30分のハイキングコースの終点にあります。手軽な家族コースと...


津島神社の五本杉(田野口)

神秘的な姿が印象的。田野口の津島神社にある推定樹齢300年の大杉。高さは約40mで8m付近から幹が五本に分かれ、それぞれが同じような太さで成長している珍しいご神木です。静岡県指定天然記念物で大しめ縄が目印です。


大井川鐵道 田野口駅

今は無人の駅舎には、当時を彷彿とさせる机やストーブがそのままに。素朴でノスタルジックな雰囲気から、最近では映画のロケ等で使われています。


白羽山展望台

ウッドハウスおろくぼから歩いて20分程登ったところに白羽山展望台があります。白羽山展望台では、眼下に大井川、正面には無双連山が見られます。天気のいい日には左手に富士山が望めます。


水路橋

1940年から始まった久野脇発電所の建設に伴い、大井川発電所から久野脇発電所の間は、導水隧道で水が引かれるようになりました。長尾川水路橋に当時の様子が偲ばれます。


山犬段ハイキングコース

その昔、山犬が多くいたことからこの名がつけられました。豊かな森林に囲まれた自然あふれるハイキングコース、標高1404メートル


奥大井県立自然公園

奥大井県立自然公園に指定されている中川根を代表する森は、県内有数の重要植物群落として保護されています。特に山犬段周辺のブナ林は静岡県自然100選にも選ばれています。


徳山 ときどんの池

大井川鉄道駿河徳山駅から徒歩10分。菖蒲観賞やホタル観賞など癒しの空間を醸し出しています。


徳山のしだれ桜・桃沢の桜

ふくらみ始めたつぼみの頃も満開も、そして花吹雪の頃も絵になる美しさ。川根本町徳山地区の川根高等学校と町営サッカー場の間にある、しだれ桜の並木道はあまりにも有名です。約50本のしだれ桜が150メートル(県内でもめずらしい)にもわたって植えられ、春の川根本町を華やかに彩って県内外から訪れる多くの花見客...


徳山浅間神社

□2本杉(夫婦杉)人々を見守り続けてきた大木。社殿の真正面に並ぶ樹齢600年の2本の杉。鳥居杉(夫婦杉)と呼ばれ、病気平癒の願いが叶えられた記念に植えられたという言い伝えもあります。(県指定文化財) □鹿ん舞(徳山の盆踊)数百年前、農作物を荒らす獣を追い払い、五穀豊穣を願って始められた鹿ん舞。