川根のお茶

お茶の分類

不発酵茶(緑茶)

蒸し製(日本式)

煎茶・深蒸し茶
日本茶の代表で、もっとも一般的な茶。流通量の約85%を占める。上級品ほどうまみや香りがよくなる。茶葉を深く蒸して渋味を抑え、マイルドな味にしたものを深蒸し茶という。

番茶
製法は煎茶と同じ。夏・秋摘みの比較的大きく硬めの葉を主な原料とした茶で、成分も豊富。

焙(ほうじ)茶
番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもので、食後の茶に好まれる。

玄米茶
番茶や煎茶に高圧で炒った米などを混ぜたもので、香ばしい玄米の香りがピッタリ合った風味豊かなお茶。

玉露・かぶせ茶
よしず棚などで茶園を覆い、直射日光を避けてうまみを増し、苦みを抑え育てた高級茶。

抹茶(てん茶)
玉露同様、日光を避けて育て、蒸したのち葉脈を取り除き乾燥させたもの(てん茶)を石うすで挽き、粉にしたもので、主に茶道に使われる。

蒸し製玉緑茶(ぐり茶)
製造最終工程が煎茶と異なっているために丸い形となっている。「ぐり茶」とも呼ばれる。さっぱりした味が特徴。


釜炒り製(中国式)

釜炒り製玉緑茶
鉄製の釜で茶葉を炒って仕上げたもので、丸いかたち。炒った香りが特徴。主に九州地方で作られている。


半発酵茶

ウーロン茶など
半発行で紅茶と緑茶の中間に位置する香り高いお茶で日本でもおなじみ。台湾、福建、江西が主な産地。


発酵茶

紅茶
茶の葉を完全発酵させたもの。濃い橙紅色で香り高い。


奥大井の旅なび
インフォメーション
営業時間
9:30-16:30
定休日
水曜日・年末年始・臨時休館
営業日カレンダーをご覧ください。
入館料
無料
お茶セット300円
(川根茶とお茶菓子)
  • 川根本町ホームページ
  • 川根本町マウンテンパークインフォメーション