川根のお茶

お茶を淹れるときの豆知識

 おいしさは心遣い。同じお茶も入れ方ひとつで変わります。お茶はちょっとした心使いで一層おいしく召し上がれます。
使用するお湯を少し冷ましてから適量(煎茶の場合1人分約3g)の茶葉を人れた急須に注ぎます。なおこのお湯が水道水を沸かしたものであるときは、お湯を沸かすとき充分に沸騰させてカルキ臭を取り除きましょう。こうすることによって、お茶本来の香りも楽しむことができます。
お湯を注いでから1分程待って、一滴も残さぬよう茶わんに注ぎます。2人以上の場合は濃淡の無いよう人数分の茶わんに少量づつ回し注ぎをします。


お茶の種類と浸出時間

茶種 お茶の量(1人分) 温度 浸出時間
玉露 3g(大さじ1杯) 50度~60度 2~3分
煎茶 3g(大さじ1杯) 70度~80度 1分
番茶 5g(大さじ2杯) 100度 即時

奥大井の旅なび
インフォメーション
営業時間
9:30-16:30
定休日
水曜日・年末年始・臨時休館
営業日カレンダーをご覧ください。
入館料
無料
お茶セット300円
(川根茶とお茶菓子)
  • 川根本町ホームページ
  • 川根本町マウンテンパークインフォメーション